サイズに合わせて作るブックカバー

こんにちは!
Licoa Blog のリコアです☺

今日はブックカバーの作り方をご紹介。

どんどん電子化が進み、
電子書籍もいいのですが、
紙もやっぱりいい!!
私は読んだ感(?)がでるので紙も好きです。

ハンドメイド好きな方は
一度はブックカバー作った事があるのではないでしょうか?

でもよく見るのは、文庫本サイズ・・・
色んなサイズがあると便利だし楽しめるのに・・・

こんな感じで・・・














という事で、
色んなサイズが作れるように考えました🤗
文庫本、まんが、教科書、母子手帳、卒業アルバムなど・・・




サイズに合わせて作るブックカバー

小さな本から、大きなアルバムまで。
簡単に型紙を書けるようにしてみました。

アルバムの型紙をつくるのには、
かなり大きめの紙が必要ですが・・・
大変だったら直接布の裏にチャコで書いてしまうのもありです👍

型紙の書き方はこちら↓




型紙が書けたら
あとは簡単!
直線縫いばかりなので、初心者の方でもすぐにできます!

しおりやリボンの位置は間違えやすいので
注意して下さいね😊


縫い方動画はこちらです↓




お気に入りの布で作ると
持ち運ぶのも嬉しくなりますよね💕

私はもちろんマリメッコで😍

最後までお読み頂きありがとうございました!
素敵なハンドメイド作品ができますように。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ   ランキングに参加しています!
にほんブログ村   👈🏻押して頂けると励みになります🙇‍♀️


にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村




このブログの人気の投稿

【型紙不要】グラニーバッグ 作り方 How to make a bag